OLYMPUS(Japan) >

GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

清水 哲朗

プロフィールを見る

その日の気分に合わせたプロファイルを設定し、撮影を進めていく。カラーもモノクロもプリセットで満足することもあれば、自分なりの設定に変更したいときもある。完成イメージが頭の中にすでにできていれば設定に悩むことはないだろうが、いつもそうとは限らない。でも、焦る必要はない。ミラーレス一眼はファインダーや背面モニターで仕上がりを確認しながら撮影できるメリットがある。「次はこう撮ろう」というイメージが湧いてくればそのように設定すれば良いし、設定を変えていくうちにイメージが固まることもある。
モノクロプロファイルの面白いところは、粒状フィルム効果を与えたり、調色したり、色フィルターをカメラ内で設定したりできることだ。写真学校時代、モノクロフィルムで撮るときにはレンズに必ずイエローかオレンジフィルターを装着していた。撮影時にコントラストをつけることでプリントしやすくするのが理由だ。しかし正直言えば、フィルター装着はせっかくの品質の高いレンズにわざわざノイズを入れるようなもので抵抗があった。カメラ設定であらゆる効果が得られ、完成イメージを見ながら撮影できることで、撮影者は不安要素がなくなり、自信を持ってシャッターを切れるはずだ。ここに掲載した作品すべてが撮って出しであることに驚く人も少なくないだろう。

OM-D E-M5 Mark III

PEN-F

The masterpiece
カメラを愛する人のための逸品PEN-F

製品サイトへ sur le PEN-F ECサイトへ