GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

木村琢磨

プロフィールを見る

私は元々は写真家ではなく画家や映画監督になりたいと思っていた。自分の頭の中にある空想(フィクション)のイメージを視覚化する世界に憧れていたのだ。
専門学校ではデザインやCGを学び、その頃には「素材としての写真」も自分で撮影する様になっていた。
そして専門学生の頃に岩合光昭氏の作品と出会い、一枚の写真の中に「ノンフィクションの中に存在するまるでフィクションの様な瞬間」を写しとった作品の数々に感銘を受け自身も写真家の道に進むことを決意。

私の写真作品の主な被写体は身近な景色だ。風景写真をメインに撮影しているが、被写体は絶景である必要は全くない。
自分が心惹かれた被写体とカメラを使って対話しながら自分の持つイメージを投影することが自分のスタイルになっている。

撮影で一番大切にしているのは好奇心だ。ここから撮るとどうなるのだろう?自分の目線だけではなく虫や鳥の目線になって景色と向き合うと今まで自分がイメージしていた景色とはまた違う景色がそこには広がっている。
どんなフィールドでも安心して使えて「撮れる」と思わせてくれるOM-Dのシステムは自分にとって絵画を描くための絵筆の様なもの。
幸いなことに「写真機で動画も撮れる時代」になったため自分の夢だった映画監督のようなことも実現できている。
今後もOM-Dのシステムとともに自分の世界観を深めていけたらと思う。

M.Zuiko Digital ED 8-25mm F4.0 PRO

M.Zuiko Digital ED 8-25mm F4.0 PRO

超広角16mmから標準50mmの全域で高画質を極めた高倍率ズームレンズ

製品サイトへ  ECサイトへ