GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

菅原貴徳

プロフィールを見る

小さい頃から、自然の中に身を置き、生きものたちの暮らしぶりをそっと見るのが好きだった。その気持ちは大人になった今も持続し、時間が許す限りフィールドに身を置きたいと思っている。中でも、野鳥たちは強く心を惹きつけてやまない。その姿の多様さや、見せる行動の興味深さ。日々、図鑑をめくりながら出会いのイメージを膨らませてはワクワクしている。そんな鳥たちの世界を、多くの人に知ってもらいたい、自然への興味を生みたい−そんな思いで野鳥写真を撮り続けている。

野鳥撮影のフィールドは、対象とする鳥の種類によって実に様々だ。ひたすら林内を探索する日もあるし、様々な気象条件にも晒され、雨や雪を浴びることも日常茶飯事。OM-Dシステムなら、機材の重量に縛られることなく軽快に進むことができるし、優れた防塵防滴性で雨雪も恐れなくていい。そして、強力な手ぶれ補正があるので、出会った鳥を撮影するまでの一連を短時間で完結できる。

雨に打たれながら撮影を続けた日。雨上がりに虹がかかった。

ED 150-400mm TC1.25x IS PROにED 12-100mm F4.0 IS PRO。そしてテレコンバーター。これらのレンズがあれば、24mmから2000mmのほぼ全ての画角を、高画質でカバーできる。一種類でも、一羽でも多くの鳥と出会いたいと考える私には、この機動性はとても魅力的だ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO

1000mm相当での手持ち撮影を可能にする超望遠PROレンズ

製品サイトへ  ECサイトへ