OLYMPUS(Japan) >

GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

萩原 史郎

プロフィールを見る

萩原 史郎日本

1959年山梨県甲府市生まれ。株式会社新日本企画で「季刊(*現在は隔月刊)風景写真」の創刊に携わり、
編集長・発行人を経験。退社後は風景写真家に転向し、写真誌寄稿、コンテスト審査員、写真教室講師、講演会講師、写真クラブ例会指導など幅広く行う。
最新著書は写真集「色 X 旬」(風景写真出版)。写真展は2015年「色 X 情」、2019年「色 X 旬」。
日本風景写真家協会(JSPA)副会長、日本風景写真協会(JNP)指導会員、オリンパスカレッジ講師など。

もどる

風景写真は、樹とのかかわりを拒絶して表現を成立させることはできない。 主役であれ脇役であれ、樹は風景の重要な構成要素であり、もっと言えば樹が地球を育み、人を生かしていることを考えれば、樹こそ積極的に追うべき存在なのだ。
都会の片隅に何気なく存在する樹でさえ、それにレンズを向ければ表現は可能だが、今回は大自然の中にある樹に着目して自分なりの想いを綴ってみた。瞬間の出会いもあれば、時間をかけて対峙した樹もある。

もちろん、わずかな撮影期間で樹のいったい何がわかるのかとも思うが、真実の一端を垣間見ることはできた。

撮影に挑むにあたっては、いずれも訪れたことがある場所を選んだ。OM-D E-M1Xを相棒として携えたとき、そういった既知の場所から自分がE-M1Xを通して何を見ようとするのか、E-M1Xが何を被写体として選ぶのか、それを知りたかったからだ。結果としてわかったことは、掌に頼れる相棒がいることの心強さだ。出会いが一瞬のものだったとしても逃さず撮ることができ、何度も見た場面であっても、その状況における理想の表現を見逃すことがなかった。人とカメラが一体になったときの力を素直に感じたのである。

E-M1Xには数々の機能が搭載されているが、中でも強力な手ぶれ補正、ハイレゾショット、ライブNDの3つに強く惹かれる。縦位置グリップとの一体型となり信頼性を極限まで高めたE-M1Xは、これら3つの機能を中心に使いこなすことで、私の表現したい世界をさらに引き上げてくれる予感がある。新たに誕生したE-M1Xと始まる旅が楽しみでならない。

OM-D E-M1X

OM-D E-M1X

安定したホールディング性と高い操作性を実現。新しいプロフェッショナルモデル

製品サイトへ sur le E-M1X ECサイトへ