OLYMPUS(Japan) >

GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

Michael Chan

プロフィールを見る

OM-D E-M1 Mark IIIは既存機種と比べても素晴らしいアップグレード製品であり、プロ向けのカメラを検討している方にとっては最適なモデルです。OM-Dラインアップの中で明らかにフラッグシップモデルとして位置づけられているのはOM-D E-M1Xですが、私はもう少し小型のカメラを使いたかったので、今回の新モデルはまさに理想的なものでした。
OM-D E-M1 Mark IIIはOM-Dカメラに備わっていてほしい特徴や機能をすべて持っています。ライブNDや手持ちハイレゾショットなどの興味を引く巧みな機能は間違いなく世間の話題となるでしょう。しかしこのカメラを手にした時私が心ひかれたのは、進化したオートフォーカス、瞳優先AF、シャッターラグの少なさ、そして明るく鮮明になった電子ビューファインダーなど、もっと根本的に重要な機能の数々です。趣味で撮影する際も、仕事で撮影する際も、このカメラさえあれば最高の一枚が撮れると感じました。

オートフォーカスは、明るい日中や低輝度時のどちらの状況においても、旧モデルで既に十分優れていました。そこに新たなプロセッサが加わり、OM-D E-M1 Mark IIIのパワーはとどまるところを知りません。連続撮影時のシャッターラグや減速はほぼないに等しく、全体的に小回りが利くカメラという印象で、一瞬たりともシャッターチャンスを見逃すことはありませんでした。一瞬一瞬が大切な結婚式やイベントの写真撮影をはじめ、私はどんな状況でもためらいなくこのカメラを使うことができます。
「プロ」という呼称は最近では定義が曖昧になっています。キャリアの大半をハイエンドのデジタル一眼レフを使って撮影してきた私としては個人的に、非常に高い水準のものしか「プロ」ボディとは呼びたくありません。私が「プロ」ボディに求めているのは、撮りたい瞬間を容易に捉えることができ私の仕事を楽にしてくれる性能です。デュアルカードスロットももちろん必要です。どのような環境であっても心配することなく仕事ができるように、高い堅牢性も求められます。

OM-D E-M1 Mark IIIで変更された点はぱっと見進化しているようですし、マイクロフォーサーズのラインアップの中で真にプロフェッショナル級だと私が思うおそらく初めてのカメラ(小型)です。発売当日には一台(もしかしたら二台)購入する予定です。

placehold

OM-D E-M1 Mark III

比類なき機動力と高画質が、あらゆる環境で思い通りの撮影を可能にするOM-D E-M1 Mark III

製品サイトへ sur le E-M1 Mark III ECサイトへ