OLYMPUS(Japan) >

GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

Lars Johnson

プロフィールを見る

新しいM.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROに触れたとき、ずっと待ち続けていたものに出会ったような気がしました。私はM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8の大ファンで、よく使うレンズの一つです。17mm F1.8も素晴らしいですが、この17mmという焦点距離のPROレンズとは驚くべきことです。私はロックや音楽写真が専門なので、バンドのツアーに同行して厳しい環境や暗い照明の下で撮影しなければなりません。PROレンズの堅牢性とF1.2という今までにない明るさは状況を一変させてくれます。開放F1.2でもシャープな画像が得られることも素晴らしいです。

このレンズの最大の特長は、被写体がシャープに写ることはもちろん、背景が滑らかなことでしょう。このレンズは開放で撮影すると、とても滑らかなボケを創り出します。オリンパスはこれを「美しくにじむボケ」と呼んでいますが、確かに新しい呼称は必要な気がします。他のレンズと比べると、17mm F1.2 PROは、通常のカッチリとしたボケではなく、素敵な柔らかいボケを生み出せることがわかりました。

レンズ自体のクオリティは他のPROレンズと同等で、動きが滑らかでしっかりとしたフォーカスリングを備えています。防塵防滴・耐低温なので、埃や雨(またはツアーバス内での飲み物)も問題にはなりません。これは音楽ツアー中にはとても助かります。私のOM-D E-M1 Mark IIにとっても完璧なパートナーです。

私のカメラバッグにこのレンズが加わったことはとてもうれしいことです。私が最もよく使用するトップ3のレンズになることは間違いありません。大抵の場合、私は、必要な焦点距離範囲を3つのレンズでカバーしています。それは、M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROとM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO、M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8です。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

34mm相当(35mm判換算)
優れた描写力を発揮する大口径広角単焦点レンズ

製品サイトへ  ECサイトへ