OLYMPUS(Japan) >

GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

海野 和男

プロフィールを見る

新しいE-M1 Mark IIを持って、マレーシアで20日間昆虫を撮影しました。

E-M1 Mark IIの仕上がりはとても満足できるものでした。小さな被写体を撮影するのに欠かせない深度合成と、チョウの飛翔を的確に捉えるプロキャプチャーモードが搭載されたE-M1 Mark IIは昆虫の撮影には最強のカメラとなることを確信。かつてあれほど苦労した飛翔シーンが、撮影者の意のままに撮影できました。世界で初めて撮影することができたエンペドナタイマイの飛翔はプロキャプチャーモードがあったからこそ撮れたと思います。電子シャッターによる歪みが驚異的に改善された最高60コマ/秒でのプロキャプチャーモードでのチョウの飛翔撮影は満足できるレベルに仕上がっていました。

また、電子シャッターの連写速度が速くなったことで、深度合成は極めて快適になりました。より短時間で1回の撮影を終わるので、成功確率が格段に上がりました。E-M1に比べてかなり短い時間、被写体が動かなければ素晴らしく精緻な写真が撮れるので、手持ちでの野外撮影も十分こなせます。

深度合成ができるPROレンズラインアップが増えたことも素晴らしい。8mm F1.8 Fisheye PROでの深度合成は新たな境地を開拓できると思います。新しいマクロツインフラッシュSTF-8や、秒10コマ連写に対応したFL-900Rの登場で、撮影の楽しみは無限に拡がっていくはずです。

OM-D E-M1 Mark II

OM-D E-M1 Mark II

過酷な環境でも圧倒的な機動力を発揮するプロフェッショナルモデル

製品サイトへ sur le E-M1 Mark II ECサイトへ