OLYMPUS(Japan) >

GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

「The Watchers」は辺鄙な極寒の未開の地で、その厳しい環境と同じくらい冷酷で厳しく荒々しい年老いた男の司令官と共に働く女性を描いたSF作品。彼女は自身が取り組む惑星全体の地球化への変換プログラムをただじっと忍耐強く見守り続け、個人的な犠牲の大きな代償に疑問を感じ始める。司令官からトーチが受け渡された時、その司令官が自分のことをずっと見守っていたことに気付く。

John Brawley

プロフィールを見る

「The Watchers」は、若い女性が凍てつくような厳しい環境で惑星を地球化しようと奮闘するショートフィルムです。ショートフィルムの構想に取り掛かった時、地球外惑星を視覚的に面白く表現するためにはオリンパスのマイクロフォーサーズシステムそしてOM-D E-M1 Mark IIIを使用するまたとない機会だと思いました。
カナダのアルバータ州フォートレス・マウンテンの壮観なロケーションで撮影を敢行しました。撮影クルーは私と、第二カメラマンも兼ねるディレクターのWarren、ライター兼プロデューサーでもあるChris Sachs、そして現地のカメラアシスタント1名のみでした。
E-M1 Mark IIIは耐候性に優れているので、大雪や氷点下の気温でもカメラを操作するのに全く心配はいりませんでした。人間工学に基づいた秀逸なデザインとカスタマイズ力が高いFnボタンのおかげで、分厚い手袋をしたままでも簡単に操作が可能だったのです。
スノーモービルの後ろに乗り何度か連写したところ、可動式モニターと世界トップクラスのボディ内手ぶれ補正効果で、他のカメラシステムではほぼ実現不可能な手持ち撮影がスムーズに行えました。
三脚やスタビライザーを使わないと決めていたので、すべて手持ちで撮影しました。手ぶれ補正のレベルと感度をイメージに合わせて調整でき、とても自然な雰囲気の手持ち撮影ショットになりました。
今回の撮影地のような殺風景で真っ白な環境はどんなカメラでも撮影が難しいのですが、ハイライトのディテール部分もできる限り表現したいと思っていました。後から行うカラーグレーディングのために最大限ダイナミックレンジを保持できるように、OM Log-400プロファイルを利用して映像のほとんどをHDMI出力で外部レコーダーに収録しました。
小型、耐候性、顔追尾オートフォーカス、手ぶれ補正、手袋でも操作可能な人間工学デザイン、そのすべてを一つのカメラに兼ね備えてくれたことにとても感謝しています。そのおかげで難しい状況でも苦労することなく、感動を呼ぶ素晴らしいイメージを実現できました。

placehold

OM-D E-M1 Mark III

比類なき機動力と高画質が、あらゆる環境で思い通りの撮影を可能にするOM-D E-M1 Mark III

製品サイトへ sur le E-M1 Mark III ECサイトへ