OLYMPUS(Japan) >

GLOBAL PRO GALLERY

GLOBAL PRO GALLERY

トップページに戻る

薬師 洋行

プロフィールを見る

薬師 洋行日本

1946年富山県生まれ。京都外国語大学、東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業。1969年にアルペンスキー・ワールドカップを初めて取材した後、オリンピック、世界選手権など世界トップクラスの競技会でアルペンスキーの撮影を続ける。1972年の札幌オリンピックで組織委員会公式カメラマンを務めた後、2014年ソチまで12回の冬季オリンピックを取材。2012年、長年にわたる功績をたたえられ、FIS(国際スキー連盟)から『FISジャーナリストアワード』が贈られた。自転車のツール・ド・フランス、全英オープンゴルフ、テニスのウィンブルドン選手権など、スキー以外の取材も多い。2007年からは、毎年京都の祇園祭を撮影している。

もどる

『Summit to Sea』

山の頂上から海まで、その間では様々なスポーツが行われています。バンクーバーの北、約125キロに位置するウィスラーMt.は、冬は北米一ともいえるスキー場。2010年には冬季五輪も開催されました。そこが夏になると一変し、マウンテンバイク(MTB)の聖地となるのです。MTBを撮影するための格好はバイカーと同じ。というよりむしろヘルメット、膝、腕、肩のプロテクターで完全武装せざるをえません。バイカーと移動しなければ撮影はできないので、必死の思いでコースを下ります。

スポーツの撮影で最も大切なのは「ファインダーで被写体を捉え続けられるか」です。それを解決してくれたのが、E-M1 Mark IIの高速ファインダーです。ブラックアウトが本当に少なくなり、横流れのシーンでも被写体を追い続けることが出来るようになりました。また、MTBコースの多くは林間であり、暗いことも多い。そこで活躍したのは10コマ連写対応のフラッシュFL-900Rでした。

次に向かったのは、バンクーバーとの間にあるスコーミッシュの街。ここではカイトボーディング(カイトサーフィンともいう)の撮影にチャレンジしました。雪解け水が流れ込む冷たい入江に、多くのカイトが浮かんでいました。しかし風任せのスポーツであることと潮の干満差の影響で、イメージしたものを撮影することはできなかったです。しかしここでもオリンパスの持ち味である「防塵防滴」の信頼性は発揮できたことは言うまでもありません。

OM-D E-M1 Mark II

OM-D E-M1 Mark II

過酷な環境でも圧倒的な機動力を発揮するプロフェッショナルモデル

製品サイトへ sur le E-M1 Mark II ECサイトへ