OLYMPUS(Japan) >

プロギャラリー

Lachlan Moore

Lachlan Moore

世界の中でもかけ離れたダイナミックで多様かつ広大な自然環境をもつオーストラリア。果てしない空、荒涼とした土地の広がり、遠く離れた人里、変化に富んだ海岸線、容赦ない強い日差しは、この地特有だ。私はビクトリアの比較的穏やかな南東の区域に住んでいる。ここでは海岸は太平洋とタスマニア海に接し、悪名高いバス海峡がビクトリア州とタスマニア州を分けている。

オリンパスのOM-D E-M1 Mark IIをテストするにあたり、スノーウィー・マウンテンズの特徴的な高山地域の奥深くへ入っていくことに決めた。偶然にも珍しいオーストラリア人男性グループと知り合いになった。彼らの仕事は, 馬に乗って地域を回り高山生物を保護したり、野生の馬の群れを探して元の場所に戻してあげたりすることだ。しなやかなペパーミント・ユーカリの木々の間やスノーウィ川、素晴らしい風景の中で、この新しいカメラのスピードと軽快さを試すことができた。300mm F4.0 IS PROを使って手持ち撮影をし、オートフォーカス、追従性能、そして進化した手ぶれ補正機能をしっかり試すことができた。カメラは多機能を備え、軽量でパワフルだった。その広大な地では、静かな、早朝には霜で覆われ、晴れた日には広大で色鮮やかな夕暮れの風景を撮ることができた。野生の馬が捕まらなかった日は、馬に乗った男たちが被写体となった。

次はスタジオで大胆なグラフィックの撮影がしたいと思った。地元のコンテンポラリーダンスグループを採用した。ホワイトパウダーと閃光時間が短い設定を用い、カメラの高速連写機能と非常にきれいで正確な画質機能をフルに活用した。OM-D E-M1 Mark IIはオリンパスの、滑らかで申し分のない撮影プロセスを更に確かなものにした。

素晴らしい軽量性と熟考された人間工学に基づいたデザインのOM-D E-M1 Mark IIは、大きな進化と発展がなされ、非常に使いやすい。

Lachlan Moore

Lachlan Moore

オーストラリア

オーストラリアで10年以上にわたり広告写真家として活躍。メルボルンの有名な創造スペース「Rokeby Studios」の創設者でもある。オーストラリアの映画・テレビ業界でスチルカメラマンとして働いてきたその経験が、映画的な光、トーン、色の扱いなど、作品に色濃く反映されている。 仕事を通じて人々への熱い思いに、場所の雰囲気や光を融合した。広告写真家として活躍する傍ら、彼の作品である『Mossman Gorge, Monday Afternoon』はMoran写真大賞の栄えある最終選考作品に選ばれた。現在風景、海の写真撮影に情熱を傾けている。オーストラリア、ビクトリア州のバス海岸在住。