OLYMPUS(Japan) >

プロギャラリー

中野耕志

中野耕志

ピエロのような顔立ちと、コミカルな動きがキュートな海鳥、パフィン。和名をニシツノメドリというこの鳥は、北大西洋に広く分布しており、その半数以上がアイスランドで繁殖します。僕はこれまでイギリスで何度となくパフィンを撮影してきましたが、世界最大の生息地をこの目で見たいという思いが強くなり、アイスランドへと旅に出ました。

旅の相棒はE-M1 MarkII。野鳥撮影ではフィールドでの機動性を重視するので、コンパクトにシステム構築できるOM-Dの優位性は高いのです。300mmF4.0 IS PROをはじめとするPROレンズ群の画質はどれも素晴らしく、かつフォトグラファーの機動力を妨げません。24時間撮影可能なこの白夜の地においては休める時間が少ないので、軽量な機材で体力を温存できるのは大きなメリットです。これまでミラーレスカメラの弱点はAF性能とEVF表示速度にあり、E-M1 MarkIIの評価はこれらの部分にフォーカスしました。とくに今回は海面や岩礁など複雑なテクスチャを背景にした、AF抜けしやすい難しい条件下です。しかしながらE-M1 Mark IIは正確なAF精度でパフィンやキョクアジサシの飛翔を捉えてくれました。EVFの見え味も良好で、連写しながらでも確実に鳥影を追うことができました。

7mm超広角から300mm超望遠までのPROレンズの充実により、昆虫、野鳥、野生動物などあらゆる撮影に必要な焦点距離をカバーできるようになりました。そしてE-M1 Mark IIが登場したことで、OM-Dシステムは自然撮影に強い機材としてひとつの完成形に達したといえます。

中野耕志

中野耕志

日本

野鳥や飛行機の撮影を得意とし、広告や雑誌等に作品を発表する。「”Birdscape”~鳥のいる風景」と「"Jetscape”~飛行機の飛ぶ風景」を二大テーマに、国内外を飛び回る。近著に「デジタルカメラによる野鳥の撮影テクニック」(誠文堂新光社)、「デジタルカメラ飛行機撮影術」(アストロアーツ)などがある。